車一括査定で高く車を売る方法

MENU

車の買取と下取りの違い

自動車を買い替えるとなった時にそれまで乗っているものを処分する方法として、下取りと買取りがあります、
頻繁に買い替えるような人であるならともかく、あまり買い替えないような人であればこれらの明確な違いを知らないという人は多いのではないでしょうか。

 

まず、下取りというのは新しい車を購入する店でそれまで乗っていたものを引き取ってもらう仕組みですが、この際の下取りの価格というのは次の購入するものの代金から引かれることが一般的です。
そのため、手間がかからずに便利な方法ですがこの方法は、買取よりも金額面で大幅に不利になるということが多いのです。
基本的に下取りは査定額が低く抑えられてしまい、買取に出せばプラスになるような社外品の装備を取り付けていても、逆に純正品がないという理由からマイナス査定になってしまうこともあるのです。
しかし、利便性は高いものですから古くて対して値段のつかないような自動車であれば、下取りに出したほうが手間がかからずに良いということもあります。

 

買取りは文字通り中古車を販売する業者が、買取をした車を販売する目的で買取ってくれる仕組みです。
そのため、販売を目的として購入するため比較的高価で買取をすることも可能なため交渉次第では、高値で買取りをしてもらうことも可能になるのです。
また、社外品なども査定対象に入るため自動車の装備が純正の時よりも整っているなどということがあれば、プラスに査定をしてもらうことができるため下取りよりもお得になることが多いのです。
しかし、その一方で高く売るためにはそれなりに手間を掛けなければならないという欠点もあります。