MENU

交通違反の赤切符とはどんなもの?

自動車でスピードを出し過ぎて、警察に捕まって違反切符を切られたという話は良く聞きますね。
警察に切られる違反切符には、違反した内容によって、青切符、赤切符などがあります。
青切符は、交通反則通告制度で規定されている違反切符で、反則金などのペナルティーが科せられます。
ただ、赤切符は重大な交通違反に切られる違反切符です。
ここでは、赤切符について紹介します。

 

赤切符は道路交通法違反の重大な罪

交通反則通告制度は、軽微な交通違反に対して、罰則を課さずに、反則金などのペナルティーが科せられる制度です。
交通反則通告制度の対象ではない道路交通法に違反した場合は、赤切符が切られます。

 

例えば、無免許運転や酒気帯び運転を含む酒酔い運転、悪質な速度超過違反などを犯した場合に、赤切符が切られます。
赤切符が切られるということは、前科扱いとなる刑事処分が科せられることもあります。

 

場合によっては、検察庁に出頭しなければなりません。
検察庁に出頭し、取調べを受けた後、刑事裁判の審判を待ちます。

 

ただ、違反をしたことを素直に認め、検察官が略式裁判と判断すれば、刑事裁判ではなく略式裁判になります。
略式裁判で道路交通法の違反を認めた場合、当日に判決が下され、罰金刑が科されます。

 

例えば、一般道路で速度超過が30km~50km未満だった場合、7~8万円の罰金が科せられることもあります。
60km超過では、罰金が10万円にもなることもあります。
高速道路で速度超過が40km~50km未満だった場合、7~8万円の罰金が科せられることもあります。
60km超過では、罰金が10万円にもなることもあります。

 

罰金刑を科され、このような高額な罰金が支払えない場合、労役留置を申し出ることができます。
労役留置では、留置場で1日あたり、5000円に換算する労役が待っています。

 

交通反則通告制度と違反点数は別に考える

「点数制度」とは、交通違反や交通事故を起こした場合に、運転免許証に点数が課せられる行政処分で、交通反則通告制度と混同しがちですが、別物です。
一般的に過去3年間を一区切りとして、累積点数によって免許停止などが決まります。
前歴などが無い場合、6点で30日間の免許停止、9点で60日間の免許停止、12点 で90日間の免許停止となります。
15点を超えてしまうと免許取消しとなります。