水没車の対処法

MENU

知ってて命拾い!自動車が水没した時の対処方法

不慮の事故や災害によって自動車が水没してしまう可能性はあります。
自動車の中に水が浸入してしまい、日常生活では考えられない絶体絶命の状況にパニックになってしまうかもしれません。
ただ、自動車が水没した場合でも、冷静に対処すれば、十分助かる可能性はあります。
自動車が水没した時の対処方法を紹介します。

 

車体は水平を保たないことがある

自動車は、エンジンなど重い部品が車体の前や後ろ、真ん中のどこかに取り付けられています。
深い川や湖に落下すると、重い部品が取り付けられている部分から水没がはじまる可能性がありますので、車体は水平を保たないことがあります。
更に水が車内に浸入してきますので、慌てないで冷静にしてください。

 

まず冷静にシートベルトを外す

事故から人命を救うシートベルトではありますが、水没で自動車から脱出する際は、妨げになります。
まず、シートベルトを外しましょう。
ただ、事故などで車体やシートが変形してしまい、うまくシートベルトが外せない可能性があります。
そんな場合は、シートベルトカッターを備えた緊急脱出ツールが有効なので、自動車に載せておきましょう。
緊急脱出ツールは、カーショップや自動車販売店で販売されています。
重要なのは、緊急脱出ツールを買ってそのまま自動車に載せておくだけではなく、取扱い説明書を読んで、使い方を覚えましょう。

 

ウィンドガラスを下げるか割る

次に水没した自動車から脱出する際に妨げになるのがドアやガラスです。
自動車が川や湖に落下して間もない状態だったら、ウィンドガラスを下げるか割るかして、脱出を試みます。
車内に空気がたくさんあると車体に水圧がかかりドアは開かないことがあります。
パワーウィンドガラスの場合、通常の操作では、事故での車体の変形や電装系のトラブルで開かないこともあります。
そんな場合は、ガラスを割るハンマーを備えた緊急脱出ツールが有効なので、自動車に載せておきましょう。
緊急脱出ツールは、カーショップや自動車販売店で販売されています。
重要なのは、緊急脱出ツールを買ってそのまま自動車に載せておくだけではなく、取扱い説明書を読んで、使い方を覚えましょう。

 

ドアが開かず、ウィンドガラスも割ることも開くこともできなかったら

まだ、自動車が川や湖に落下して間もない状態で、ドアは開かず、ウィンドガラスも割ることも開くこともできないことがあります。
この状態になってもあきらめてはいけません。
非常に勇気がいることですが、じっとそのまま待って、ある程度自動車が水没し、自動車と水位が同じくなるまで待ちましょう。
この状態になると、車体にかかる水圧も下がるので通常の操作で、ドアが開く可能性があります。
ただ、事故などで車体やドアが変形して、自分の乗っている席のドアが開かない可能性もあります。
自動車には最低2つのドアがついています。
なんとか、開くドアを探して脱出を試みましょう。